トップ > ウェブマガジン ペットと、ずっと。 > 日々のケアで予防しながら生活習慣病の予兆をチェック

CAT 日々のケアで予防しながら
生活習慣病の予兆をチェック

猫ちゃんがウトウトしている
リラックスタイムが、飼い主さんが
優しくケアをするチャンスです。
気持ちのいいケアは、猫ちゃんに
とっても至福のひととき。
スキンシップを楽しみながら
「生活習慣病」を予防する方法とは?

INDEX

日頃のケアで防げる生活習慣病

飼い主のケアで防げる病気もあるのでしょうか?

家庭でできるケアには、シャンプーやブラッシングなどのボディケア、デンタルケア、耳のケア、目の周りのケア、爪切りなどがあります。動物病院やトリミングサロンで、定期的に行えるケアもありますが、できれば日頃から家庭でも行っていただきたいのは、ブラッシングなどのボティケアと歯磨きをするデンタルケアです。ケアを怠ると、毛球症や皮膚炎、歯周病などの病気を引き起こす可能性があるので注意してください。
さらにボディケアでは、ブラッシングだけではなく、爪先やパッド、尻尾や肛門付近、目や耳などに異常がないかもチェックしましょう。
清潔に保つことが生活習慣病の予防につながります。

毎日続けたいブラッシングと
ボディチェック

ブラッシングとボディチェックを上手にするコツはあるのでしょうか?

猫はセルフグルーミングとして、自分の舌でボディケアを行いますが、毛玉が胃にたまってしまう毛球症の予防のためにも飼い主さんの日頃のこまめな手入れが必要です。さらにブラッシングは、皮膚の新陳代謝の促進や、ノミやダニなどの外部寄生虫の発見の機会にもなります。
毎日のブラッシングでは、下記の部分に注意してボディチェックをしましょう。

  • ①被毛の状態
  • ②皮膚の赤みやブツブツ、しこり
  • ③目ヤニや目の赤み
  • ④耳の匂いや耳垢
  • ⑤鼻水や鼻汁
  • ⑥クチの匂いや歯茎や舌の色

変化があれば、トラブルや病気の予兆かもしれません。

猫ちゃんへのブラッシングやボディチェックをスムーズにするために、おすすめしているのがハブラシでのブラッシングです。歯ブラシの感触は猫の舌によく似ています。歯ブラシの大きさもちょうど猫の舌に近く、細かくブラッシングできるのが特徴です。通常のブラシのように力を入れすぎてしまうことも少ないので、猫ちゃんに不快感を与える心配がありません。
上手に行うポイントは、猫ちゃんが眠っているかのんびり横になっていて、触るとゴロゴロとのどを鳴らすような状態の時を狙います。このタイミングでブラッシングを気持ちよく行うことで、ボディチェックもスムーズに受け入れるようになります。猫ちゃんがハブラシを噛んだり、手にじゃれてしまう場合は、ブラッシングはせずおもちゃで楽しく遊んであげましょう。しっかり遊んで疲れてウトウトし始めたら、再チャレンジを。特に猫は、自分でアゴや額などの顔をケアすることができません。ハブラシを使って飼い主さんがブラッシングしてあげると気持良くなるので、猫ちゃんとの良いスキンシップの時間にしてください。

デンタルケアで歯周病をきちんと予防

猫のデンタルケアも重要なのでしょうか?

猫には歯周病や口内炎が多くみられます。歯周病は、猫に多い生活習慣病の代表格で、3歳以上の猫ちゃんのなんと80%が歯周病をもっています。歯周病は、歯茎の腫れや口臭、歯根膿瘍などを引き起こし、さらに歯周病菌が血管を通って全身に広がると、心臓や腎臓・肝臓などの内臓疾患を発症することもある恐ろしい病気です。また口内炎は、ひどくなると食事ができない場合もあるので注意が必要です。
これらを予防するのは歯磨きです。ハブラシを使って、顔のブラシッングをして気持ちよくなっている途中に猫ちゃんの唇をめくって、歯もキレイに磨いてしまいましょう。やはり、この場合も猫ちゃんのオフタイムを狙ってください。もちろん、嫌がることのないように優しく接しましょう。ボディケアと共にデンタルケアも飼い主さんと猫ちゃんの穏やかな日課になることが理想です。

定期健康診断とセルフチェックで
早期発見

セルフチェックで気になることがある場合は、動物病院へ行くべきでしょうか?

猫ちゃんは、具合が悪いところがあっても言葉で伝えることができません。症状が現れた時には、かなり進行していることがあるので、気をつけてください。毎日のセルフチェックで気になるところがれば、動物病院へ連れて行きましょう。しかし、「動物病院を嫌がるのでなかなか連れていけない」という猫の飼い主さんもいらっしゃいます。まずは、家庭で猫ちゃんが普段から安心できる場所としてクレートに慣れさせる“クレートトレーニング”をしてください。
そして、動物病院へはその慣れたクレートに入れて連れていきましょう。また、猫ちゃん自身の匂いのついたタオルなどを持参すると慣れない診察台の上でも安心感が増すのでおすすめです。

また、気になる症状がなくても、最低一年に1回、シニアになれば年に2回程度の定期健康診断をおすすめします。身体検査をはじめ、血液検査やレントゲン検査、エコー、心電図など、かかりつけの動物病院で実施している「健康診断メニュー」があると思うので、獣医師と相談して決めるのが良いでしょう。日頃からよく観察をし、普段見せない行動が見られたら、それも獣医師に伝えましょう。
病気の早期発見には、一緒に暮らしている飼い主さんの観察力が何より大事です。

お問い合わせ・よくあるご質問

ページトップへ