ユニチャームペットケア

MENUCLOSE

食事ガイド

飼い主さんが与える食べ物は、子いぬの命の糧になります。
必要な栄養バランスがとれる食事をきちんと与えることが健康につながるので、吟味して決めましょう。
ドッグフードにもいろんな種類があるので、その用途を理解して使い分けてください。

フードの種類と用途

ドッグフードのパッケージには、用途や対象、フードのタイプなど、大切な情報が掲載されています。
その内容を参考に愛犬に適したフードを選びましょう。

  • メインは総合栄養食

    ドッグフードは、大きくわけて「総合栄養食」「おやつ・スナック、間食」「その他の目的食」3つの用途に分かれています。メインの食事として与えるのが「総合栄養食」です。これは水と共に与えるだけで、そのペットの必要な栄養素が賄えるものなので、主食にはこの記載があるドッグフードを選びましょう。

    しつけのご褒美など、食事以外の時に与えるものに「おやつ・スナック、間食」があります。嗜好性が高いのが魅力でジャーキやガム、煮干し、クッキーなど形態もさまざまです。また「その他の目的食」には、総合栄養食にプラスして食欲増進を狙う一般食・副食をはじめ、食事療法を目的とした療法食、栄養をプラスするサプリメントや栄養補助食などがあります。

  • ライフステージ別フードと犬種別フード

    総合栄養食のドッグフードも、どんないぬを対象にしているのかで種類が分かれます。子犬用、成犬用、7歳以上用、10歳以上用、13歳以上用などライフステージ別のものや全成長段階のいぬを対象にしたものがあります。

    子犬用は、成長期に必要なエネルギーや栄養を含んだ高カロリーのフードになっているので、生後2カ月頃~1歳(大型犬の場合は1歳半)頃は、このフードを選びましょう。給与量は体重と子いぬの月齢を参考にパッケージの表示されている量を与えてください。成犬用フードには、犬種の特性を考えた栄養を強化している内容の小型犬用、大型犬用、犬種別のフードや肥満防止用などもあります。

  • フードタイプ

    フードの形態には、ドライ、半生、ウエットタイプがあります。
    ドッグフードは直射日光をさけ湿度変化や湿気の少ないところに 保管しましょう。
    半生は、ドライよりも嗜好性が高く、手から与えることもできるので、しつけのご褒美などにも適しています。

    缶詰やレトルトパウチなどに入ったウエットタイプは、嗜好性に優れていて開封するまで長期保存ができますが、開封後は生ものと同じ状態ですので、開けたら早めに使いきりましょう。

PAGE TOPへ戻る