ユニチャームペットケア

MENU
ユニ・チャーム ペットケアTOP

子ねこの迎え方

いよいよ、待ち望んでいた子ねこが我が家へやってきます。
はじめての環境に緊張している子ねこのために、暖かく静かな環境で、安心・安全を感じてもらいましょう。
子ねこは不安を感じやすいため、はじめは話しかけたりせず、無言で過ごしましょう。
  • 前日まで
    匂いを覚えてもらおう

    知人やブリーダーから子ねこを引き取る場合、可能なら子ねこと何度か顔を合わせて、自分を覚えてもらいましょう。
    自分の匂いついた清潔なハンカチなどを渡しておくのも効果的です。子ねこの性格や情報も教えてもらうと、自宅に迎えてからの急な変化にも対応できます。

  • 当日の朝
    お迎えは午前中に

    一日中在宅できる日を選んで、子ねこを迎える日を決めます。当日、子ねこが急に体調を崩しても動物病院に連れていけるように、迎える時間は午前中を選びましょう。

  • 当日の昼①
    ケージ内で安心・安全を提供

    ベットとトイレとキャリーが入る少し大きめのケージを準備します。家についたらキャリーごとケージ内に入れ、キャリーの入口を開けて子ねこが自分から出てくるまで待ちます。声をかけず静かに待ちます。ここが安全な場所であることを示すために、少量のフードを置くと効果的です。しばらくは、ケージの中で食事をさせます。数日~1週間してから室内デビューです。留守になる場合は、慣れるまでケージ内で過ごさせます。

  • 当日の昼②
    基本的にはトイレトレーニングはほとんど必要ありません

    子いぬと異なり、ほとんどの子ねこはトイレで上手に排泄します。子ねこが入れる低めのトレイと砂を準備しましょう。排泄後は自分で砂をかけます。排泄後は、できるだけ速やかに砂を取り除いてください。汚れたトイレでは排泄しないことがあります。
    母ねこが使っていたトイレの砂と同じものを準備するとよいでしょう。母ねこから離された子ねこは、とても不安です。ちょっとした物音に過度に反応します。ケージを半分、布で覆うのも効果的です。静かな環境を提供しましょう。

  • 当日の夜
    ケージの中のベッドで休ませましょう

    静かで暖かい環境であれば、子ねこは食事をとります。食後に排泄すると眠くなります。ベッドには、自分の匂いをつけておいたハンカチを一緒にいれておくとよいでしょう。
    ねこの祖先は砂漠にいました。暖かいところが大好きで、寒いところは苦手です。夜間に低温にならないようにしましょう。
    一人ぼっちにすると長時間泣き続けることがあります。
    生後7~8週間たっていると安心です。