トップ > 品質に込める私たちの想い > フード事業部 高山 遼一

健康な食事で
楽しく幸せな生活を

フード事業部

高山 遼一

お客様の声を元に、新製品や既存品のリニューアルなどを関連部署と共に手がけています。
生まれたときから、ペットとずっと一緒に暮らしていて、今も家族みんなで愛犬サーフを可愛がっています。
大好きなペットの為になる事を仕事で実現できて充実しています。

Q.1ペットフードの開発時に、気をつけている事があれば
教えてください

商品開発で大切なのは、常に客観的な
視点をもって望むこと

新しいペットフードの試作品に「かぼちゃ」を使ったものがありました。他の試作品と比べたときに、色の強いかぼちゃを入れることによって、他の食材の色が埋もれてしまいそうな気がして、商品化は難しいと思ったことがあります。
ところが、アンケートを取ってみたところ、日頃からお料理をされている主婦層の方から「かぼちゃの色が美味しそう」というご意見を多数いただきました。

この経験から、常に客観的な視点で商品開発を行う姿勢の大切さを学ぶことが出来ました。
飼い主様の生の声を聞きながら、商品の新しい切り口や既存商品の改善のヒントを得るように心掛けています。

Q.2飼い主様のご意見はどのようにして
集めるのでしょうか?

1,000人を超える飼い主様
からの
貴重なご意見

これまでに100軒ほどのお宅を訪問させていただきましたし、座談会などのインタビュー調査を含めると、1,000人を超える飼い主様から直接ご意見を聞いてきました。
飼い主様の率直な意見を聞きたい場合は、できるだけ直接お話を伺うようにしています。

Q.3ペットフードの開発時に、気をつけている事があれば
教えてください

ライフステージに沿ったペットフードを
選んでいただくために

昔と比べてペットフードが多様化してきており、ペットや飼い主様の環境変化に合わせた商品開発が必要になってきています。特に、ペットの長寿化によって高齢用フードの需要が高まっていると感じます。

当社も、高齢用ペットフードを扱っていますが、そう言った商品があることを知らない飼い主様もまだ沢山いらっしゃると思います。愛犬、愛猫のライフステージに沿ったフードがあるということを、店頭でもわかりやすくお伝えすることによって、最適な商品を選んでいただき、その結果、ペットと飼い主様の健康で幸せな毎日に貢献できればと考えています。

Q.4消費者の方へのメッセージがあればお願いいたします

幸せを支え続けるために、ペットの健康を第一に

「愛するペットと、ずっと健康で幸せに過ごしたい」と願う飼い主様を応援するために、ペットの健康を第一に考えた商品開発で、ペットと飼い主様の生活を支え続けることを目指していきます。

お問い合わせ・よくあるご質問

ページトップへ